ギャンブル好きが仇になり消費者金融からお金を借りてしまったことがあります。

まだ20代の前半でアルバイトもそこそこ、生活的にはそんなに貧しくもなかった時代だったんですが当時、スロット4号機時代で北斗の拳や吉宗等といった爆裂機種全盛期に初めて友達にギャンブルに連れて行ってもらいました。

特にギャンブルが好きということもなかったのですが、ビギナーズラックというやつで一気に数万円ものお金を数時間で手に入れてしまったものだから大変。

その日から暇があれば友人に連れて行ってもらいその魅力に取り憑かれてしまいました。

最初は少額から遊んでいたのですが、どんどん投入していく金額は多く、その分取り戻せてしまうから質が悪い。給料日に打ちに行けば月も半ばで給料が無くなってしまって、消費者金融からお金を借りることに。

罪悪感や抵抗もあって最初のうちはちょっとずつが、いつの間にか膨れ上がり限度ギリギリまでいってしまいました。

そのまま返しては借りを繰り返し、完済はかなりの月日を費やすことになりました。

幸いきちんと返してからはその労力、大変さを知ることが出来たので適度なキャッシングで済んでいますが何事にもご利用は計画にという言葉が本当に突き刺さる体験でした。