20代の後半は仕事でのストレスが多く、飲みにでる頻度が非常に高かったんです。

それに加えてファッションなどにもお金をかけていたので、給料の全てを毎月使い切っていました。そのため急な出費が重なると、極端に生活がキツくなったので、キャッシングでお金を借りるようになりました。

最初は1万だけと決めていたのですが、徐々に毎月3万づつ借りるようになり始めました。

というのも借りた3万を返す為に3万借りるというような流れになってしまい、いつまで経っても返済しないまま一年程。

これではいけないと思い、キャッシング分は返済しましたが、クレジットカードの返済をリボ払いにしていたので更に負債は増え続けました。生活の質を一度上げると、下げるのには非常に苦労します。

今、現在もリボの支払いが残っていて返済中ですが、諸々の出費が重なるとキャッシングに頼らざるを得ない場合があります。

一度手を出すと抜けられないと言われたりもしますが、本当にそうだと思います。自分の身の丈に合った生活以上をするととんだツケを喰らうことになるんです。