借金はしないにこしたことはないけれど、今の世の中お金がなければ暮らしていけないのが現実の厳しい社会です。給料日から、一週間ぐらいは手元にお金があってウハウハですが、給料日前になるとさびしくなる財布は、ATMでお金を呼んでしまいます。

給料日には、先月お金がなかったことからの反動なのか、倹約に励んで来月の給料日までしっかり手元にお金をつかんでおこうとします。

しかしながら、その記憶の部分がとんでしまうのか月半ばぐらいになればちょっとした買い物の積み重ねで手元のお金がさびしくなってしまいます。

そうなるとATMでお金をついついお金の借り入れをしてしまいます。最初はわずかな金額で給料日まで我慢して過ごそうとするけれど、給料日前に最初の金額だけでは足りず再び借り入れをしてしまうのが毎月繰り返されるパターンとなってしまっています。

最初から多めに借り入れしておけばいいと思われるかもしれませんが、そこを譲れないのが、借り入れは良くないと思う気持ちだけです。できれば借金はしたくないのだけれどついついですね。