私が消費者金融にお世話になった理由は、ズバリ生活費が足りなかったからです。

営業職だったんですが、上司や同僚と3日に一回は飲みに行くような生活をしており、しかも上司が奢ってくれないので全部自腹だったんです。

さらにはキャバクラに行くこともあり、当然私の給料ではカツカツ・・・すぐに足りなくなり、やむを得ずプロミスさんで借り入れをしました。

短大を卒業して、社会人になり最初の2年くらいは寮暮らしだったのできちんと貯金もできていたし、給料の範囲以内で生活ができていたのですが、寮を出てアパートに暮らすようになってから、生活費が増えていき、そのうえ、外食や旅行、服や装飾品などは今までと同じように購入していたのでどんどん貯金もできなくなり、その貯金も使うようになって自分の収入だけでは生活できなくなっていました。

20代の後半は仕事でのストレスが多く、飲みにでる頻度が非常に高かったんです。

それに加えてファッションなどにもお金をかけていたので、給料の全てを毎月使い切っていました。そのため急な出費が重なると、極端に生活がキツくなったので、キャッシングでお金を借りるようになりました。

最初は1万だけと決めていたのですが、徐々に毎月3万づつ借りるようになり始めました。